通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜2999 > 2800番台
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > アプリケーション > 認証
EAP
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:イーエイピー
外語:EAP: PPP Extensible Authentication Protocol
品詞:名詞

PPP拡張可能認証プロトコル。

概要

PPPの接続では、どの認証プロトコルを使うのかを事前に決めておかなければならない。これに対し、PPP接続の検証に任意の認証プロトコルを使えるようにPPPを拡張したプロトコルがEAPである。RFC 3748で規定されている。

EAP自体には認証機能はなく、EAPが提供するのはEAPタイプと呼ばれる認証方式だけである。しかしいつでも新しい認証モジュールを追加できるという柔軟性の高さがある。

代表的なEAPタイプとして、EAP-MD5、EAP-TLS、EAP-TTLS、LEAP、PEAPなどがある。

リンク
関連する用語
PPP
認証

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic