通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv4
IPv4
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アイピーヴィーよん
外語:IPv4: Internet Protocol version 4
品詞:固有名詞

IPと呼ばれるプロトコルのうち、プロトコルヘッダー(IPv4ヘッダー)のIPバージョンフィールドが4であるもの。

目次
概要

IPとして最初に普及したプロトコルである。2008(平成20)年現在、一般にIPと呼ばれるものは、このIPv4である。

特徴は、宛先を表わすIPアドレスが32ビットである点である。これをIPv4アドレスという。

EtherType(Ethernetフレームタイプ番号)は0x0800である。

特徴
普及

このプロトコルは比較的長く使われ、インターネット創生にも重要な役割を果たしてきた。

しかしインターネットが普及した結果、32ビットのアドレスは枯渇寸前となっており、早ければ2010(平成22)年頃には新規の割り当てが不可能になると見られている。

後継

後継は、IPバージョンフィールドを6としたIPv6となることが決定している。

これはアドレスが128ビットに増えたため、地球だけで使う分には枯渇の恐れはないと考えられている。しかしIPv4と全く異なるプロトコル(つまり、互換性がない)であるため、いつ頃に普及が始まるかは定かでない。

関連RFC
リンク
用語の所属
IP
関連する用語
IPv4ヘッダー
IPアドレス
IPv4アドレス
IPv6

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic