通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字集合(CCS)
ISO-646
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:アイエスオウろくよんろく
外語:ISO-646
品詞:固有名詞

ISO/IEC 646のCHARSET_NAME(CCS名)のうち、最も一般的なもの。

主なサブセット

ISO-646の主なサブセットに、次のようなものがある。

古くはよく使われた。しかし欧米圏や中東では既にISO/IEC 8859へと移行を終えており、もはや過去の存在である。

日本人に最も身近なISO/IEC 646バリアントは、JIS X 0201と、その変形であるシフトJISである。Unicode全盛の今でも、5/12(\)が円記号になっていて通信に支障を来していたりする(ISO-646では5/12は円ではなく、バックスラッシュ\である)。

リンク
関連する用語
ISO/IEC 646

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic