通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 数学 > アルゴリズム > 圧縮 > 用途別分類 > 音声・音楽
電話 > 携帯電話 > システム > 無線系 > PDC
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > ITU勧告 > Gシリーズ
ITU-T G.729
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:アイティーユーティー-ジー-ななにーきゅう
外語:ITU-T G.729
品詞:固有名詞

CS-ACELPと呼ばれる電話用の音声符号化の規格の一つで、ITU-T勧告の一つ。

目次
概要

CELP圧縮を用い、電話品質(4kHz)の音声をサンプリング周波数8000Hz(8kHz)で標本化し、8kbpsのストリームで伝送する。

エンハンスドフルレート型のCELPであり、2G(PDC)の時代に、NTTドコモハイパートークなどで採用されていた。

特徴

G.729はビットレート8kbpsで固定小数点を用いたが、ビットレートが異なるもの、浮動小数点を使うものなど、様々なオプション規格が存在した。

リンク
用語の所属
ITU-T勧告
関連する用語
CELP
CS-ACELP
ITU-T H.323

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic