通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP
PIアドレス
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ピーアイ-アドレス
外語:Provider Independent Address
品詞:名詞

プロバイダーの持つIPアドレス帯(PAアドレス)から独立したIPアドレスのこと。

目次
概要

プロバイダーの持つIPアドレス(PAアドレス)は、ルーターの経路表の増加を抑制し、そして経路情報をプロバイダー単位で集約可能にするために、ある程度大きな連続したIPアドレス帯を利用している(これを、「ネットマスクが浅い」という)。

このため、一般の利用者は経路制御の都合上、利用しているプロバイダーに割り当てられたIPアドレス帯の中から再割り当てを受けてIPアドレスを利用することになる。プロバイダーを変更する場合は、IPアドレスも変更しなければならない。

PIアドレスはプロバイダーから独立したアドレスであり、このアドレスを使えば、インターネットへの接続(トランジット)を提供するプロバイダー(トランジットプロバイダー)を変更した場合でも、IPアドレスを変更する必要がない。

特徴
コスト

但し、PIアドレスを運用するためには経路制御が必要となり、容易なことではない。

プロバイダーなど、独立した(自律した)ネットワーク間の経路制御のためには専用の番号(AS番号)を持たねばならず、その上、その番号は一つ以上のトランジットプロバイダーに依頼してインターネット上に知らせなければならない。

そのための費用は、利用者がIPアドレスを変更する場合よりはるかに高いため、通常のインターネット利用者がPIアドレスを利用することは、基本的には無い。

主な利用例

PIアドレスは、例えばルートサーバーや、TLDDNSサーバーのように、極めて公共性の高いサービスでよく利用されている。

このようなサービスの場合、プロバイダーへの依存性を排し、長期間に渡って同じIPアドレスを使うことが求められるためである。

また、こういったサービスは「クリティカルインフラストラクチャ」と呼ばれ、優先的にPIアドレスが割り当てられる。

リンク
用語の所属
PI
関連する用語
IPアドレス
AS番号
PAアドレス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic