通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 用語・俗語 > コミュニティー > インターネット > Web > Webコミュニティ > 2ちゃんねる
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織 > プロバイダー > 大洋州 > 日本 > コンテンツサービス(CSP) > 掲示板
PINKちゃんねる
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:ピンク-チャンネル
外語:bbspink
品詞:団体組織名

大人専用の旧2ちゃんねるともいえる掲示板。別名「ピンクBBS」。

目次
概要

かつては21歳未満立ち入り禁止、現在は18歳未満立ち入り禁止である。

元々の管理人は旧2ちゃんねると同様にひろゆきであり、削除基準なども旧2ちゃんねるに準じていたが、あくまでも旧2ちゃんねるの外郭団体という扱いであった。

これを著している現時点では、PINKちゃんねるの管理人は「ジム・ワトキンス」(Jim Watkins)であり、PINKちゃんねるの運営会社は、Jimが会長を務めるサーバーホスティング企業N.T. Technology Inc.である。

特徴
機能等

旧2ちゃんねるは比較的なんでもありの掲示板群だったが、過度なエロネタや下ネタだけは禁止されていた(が、2ちゃんねるの広告はエロサイトばかりである)。

そして、旧2ちゃんねるでは出来ないエロネタや下ネタを扱うための掲示板として、このPINKちゃんねるが用意されていた。

bbslistなどは旧2ちゃんねる互換で、スクリプトもほぼ旧2ちゃんねる互換であり、旧2ちゃんねる用のブラウザーなどもそのまま利用できる。

掲示板システムは旧2ちゃんねるとほぼ同様であり、ID、トリップsage、BEなどの機能は全く同様に使用できる。

嫌儲

ひろゆきが作り、退任後は管理人が次々代わりながら維持されてきた旧2ちゃんねるが、嫌儲と称する朝鮮人の手に落ちた。時を同じくして、PINKちゃんねるも嫌儲の支配下となり、旧2ちゃんねると同様にトップページ最下段に「無断複写●転載を禁じます」の一文が追加された。

管理人が同じである(現在の管理人はJim)ため、当然の成り行きと言える。

PINKちゃんねるで作られて外に出たネタは0ではないにせよ、あまりない。問題は、この掲示板が外からの転載で成り立っていて、にもかかわらず著作権を一方的に主張して転載禁止を主張しているため、いずれ猛烈な勢いで著作権侵害の訴訟が、PINKちゃんねるや、PINKちゃんねるに書き込んだ人に対して行なわれるのではないかと見られている。

従来との互換性のためかbbslistは階層化されていないが、現在では板が分野ごとに分類されている。

2009(平成21)年4月17日確認した時点で、以下の64板が存在する(順不同)。2014(平成26)年3月現在も変化はない。

リンク
関連するリンク
PINKちゃんねる
関連する用語
2ちゃんねる
ハァハァ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic