通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > セキュリティ > 暗号技術 > アルゴリズム
Rijndael
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ラインダール
外語:Rijndael
品詞:名詞

慣用暗号方式の暗号化アルゴリズムの一つ。AESに採用された暗号

目次
概要

米国政府が、DESに代わる暗号として1997(平成9)年9月から公募し、それに応募されたアルゴリズムの一つ。

ベルギーのJoan DaemenとVincent Rijmenにより作られたもので、Rijndaelの名は、二人の作者の名前から付けられた。

特徴

128ビット、192ビット、256ビットの鍵長が使え、8ビットのマシンでも比較的高速に暗号化や復号ができる。

128ビット、160ビット、192ビット、224ビット、256ビットのブロック長のブロック暗号である。

特許権問題も少ないことから、Rijndaelの主要な部分がAESに採用された。

リンク
関連するリンク
http://csrc.nist.gov/encryption/aes/rijndael/
用語の所属
暗号
慣用暗号方式
関連する用語
AES
鍵長

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic