通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 機器制御
SNMPv2
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エスエンエムピー-ヴィートゥー
外語:SNMPv2: Simple Network Management Protocol version 2
品詞:名詞

SNMPのバージョン2。SNMPv1の後継として作られたが、普及せず、既に歴史的プロトコルである。

目次
概要

SNMPv2でのオブジェクト面での改善点は、OBJECT-IDENTITYモジュールの追加、新データタイプの追加、OBJECT-TYPEモジュールの追加がある。

新データタイプにはInteger32、Counter32、Counter64、Unsigned32、Gauge32、BITSがある。

旧版(RFC 1442)ではBIT STRING、NsapAddress、UInteger32というものもあったが、新版(RFC 1902)では削除されている。

特徴

最初の設計は12本のRFC、400ページ以上の規模にて公開された。

セキュリティ機能や管理フレームワークが特徴だったが、逆にこれが複雑過ぎるということで市場に浸透しなかった。

そこで管理フレームワークの簡略化などの検討が行なわれ、前のRFCは破棄あるいは歴史的プロトコル化した上で、新たなRFCとして公開された。新旧を区別するときは、旧版はパーティーベースのSNMPv2、新版はコミュニティーベースのSNMPv2又はSNMPv2Cと呼び分ける。

リンク
用語の所属
SNMP
関連する用語
SNMPv1
SNMPv3

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic