通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > コード化技術
TIP
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:ティーアイピー
外語:TIP: Tertiary Ideographic Plane
品詞:名詞

UnicodeおよびISO/IEC 10646の第3面。Unicodeにおいて現在策定中の面で、将来的に追加される。

目次
概要

JISによる公式訳はまだ無いが、Tertiary Ideographic Planeを直訳すると「第三漢字面」となる。

漢字またはそれに類する文字だが、現在使われていないものが対象で、現用のものは基本多言語面(BMP)または補助漢字面(SIP)に収録される。BMPでもSIPでもない面なので「第三」なのだろう。

UnicodeにおけるTIPのロードマップによると、古代漢字、つまり、商王朝、西周王朝、春秋時代、戦国時代、そして秦王朝の各時代に属する文字の符号化を想定している、としている。

文字番号は、U+30000〜U+3FFFDである。

特徴
沿革
リビジョン

まだ仕様は未確定だが、Unicodeのバージョンアップに伴い、リビジョンだけは進んでいる。

符号化

この面は、UTF-8UTF-16UTF-32のいずれの符号においても、4オクテットとなる。

収載文字

次のような文字が収載される予定。

また戦国時代の次のような文字も策定中とされる。

Unicodeマップ

現在提案中の符号位置は、次の通り。

UCS (16進)用途追加版
30000〜317FF甲骨文字提案中
31800〜31FFF(( 空き領域 )) 
32000〜32FFF金文提案中
33000〜33FFF(( 空き領域 )) 
34000〜368FF小篆提案中
36900〜3FFFD(( 空き領域 )) 
リンク
関連するリンク
Roadmap to the TIP
用語の所属
ISO/IEC 10646
Unicode
関連する用語
基本多言語面
補助多言語面
補助漢字面
サロゲート
UTF-16

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic