通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 制御
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 情報符号(上位)
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > フロー制御
X制御
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エックスせいぎょ
外語:X Control
品詞:名詞

XON/XOFFデータコマンドによるフロー制御のこと。ソフトウェアフロー制御の代表的なもの。

概要

データ通信で、受信側のバッファーが満杯に近くになった場合、送信側に対して送信を一時停止する命令XOFFを発行し、受信可能になったら今度は送信側に対してXONを発行する、という制御を行なうこと。

これは要するにデータを送受信しているのであり、現在のような高速通信でこのような方法を取っていたのでは、制御そのものが間に合わない。

そこで、ハードウェアフローと呼ばれる情報伝達用の信号線を別に用意してそれを用いるようになった(この手法はRS/CS、あるいはS制御とも呼ばれる)ため、今ではXON/XOFF方式は殆ど使われない古い手法である。

リンク
関連する用語
ソフトウェアフロー
XON
XOFF
S制御

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic