通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 作品、曲名
あらかわ〜そして未来へ
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・曲名編 (LMTUNE)
読み:あらかわ-そしてみらいへ
品詞:固有名詞

荒川区の区歌。

目次
作品
基本情報
JASRAC登録情報
特徴
由来等

荒川区制50周年を記念し、1982(昭和57)年10月1日に制定された。

この曲のインストルメンタルが毎日夕方5時に防災無線で流されているため、区民の他に、荒川区で働いている人たちにも馴染み深い曲である。

CD

この曲と荒川音頭を収録したCD「あらかわ〜そして未来へ/荒川音頭」が、区役所の情報提供コーナーで販売されている(頒価940円)。このCDはレコード盤の復刻版で、レーベルはキングレコード、品番は「NMAX 442」となっている。

  1. あらかわ〜そして未来へ
  2. あらかわ〜そして未来へ (オリジナルカラオケ)
  3. 荒川音頭
  4. 荒川音頭 (オリジナルカラオケ)

販売している区役所の職員によると、似たような名前のCDがもう一つあるので注意が必要であるらしい。

区歌のカラオケも、バックコーラスの声は入っている。

釜石市

この曲は岩手県釜石市でも「この町 そして未来へ」として愛されており、1989(平成元)年より、荒川区と同様に防災無線からチャイムとして流されている。

釜石市内にはこの歌の歌碑が置かれており、その歌詞は「荒川」が「釜石」になっているほか、「さわやかな海のある町」など釜石の雰囲気にあたらめられている。この歌碑には、次のようにある。

この歌は、親と子の合唱団メイホフ・クワイア(指揮者渡邊顕麿氏)によって歌われはじめ、今では市民の愛唱歌になっております。

しかし、当時はこの曲の「正体」が、釜石市民には知られていなかった。この事実が判明したのは1997(平成9)年とされ、釜石市が荒川区に連絡し経緯の説明をしたところから、この曲を通じて両自治体の交流が始まったとされている。

リンク
関連するリンク
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/a004/kunogaiyou/kihonjouhou/kuminnouta.html
関連する用語
荒川区

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic