通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 欧州 > キリスト教 > 経典 > 登場人物等
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 中東 > イスラム教
アブラハム
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:アブラハム
外語:Abraham
品詞:人名

古代イスラエルの族長。元はアブラムと呼ばれていたが、神に祝福されアブラハムと改名した。

特徴

ノアの洪水の後、神による人類救済の出発点として選ばれ祝福された、最初の預言者とされる。

このためアブラハムは、ユダヤ教、キリスト教イスラム教を信仰する「聖典の民」の始祖であり、この三宗派の信者は「アブラハムの子孫」であるとされる。

この三宗派の信者は、彼を唯一神が人類救済のために選んだ預言者としてあつく尊敬・祝福している。そのため、これらの宗教は「アブラハムの宗教」とも呼ばれる。

リンク
関連する用語
アブラハムの宗教
イサク

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic