通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 中東 > バビロニア(アッカド・シュメール・セム)
エヌマ・エリシュ
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:エヌマエリシュ
外語:Enuma elis
品詞:固有名詞

"エヌマ・エリシュ" で始まるバビロニアの天地創造神話。祭儀文としてエサギラ神殿に奉納された。

まだ天が名付けられていなかった時、アプスー(深淵の淡水)とティアマト(海の塩水)が混じり合って神々が生まれる。やがて若い神々の陽気のために争いが起こり、キングとマルドゥクそれぞれを立てて戦争になった。

後者が女神ティアマトを討つとその体で天地を創造し、キングから主神権を意味する天命のタブレットを奪うと、最高神アヌに進呈してマルドゥクは主神となった。その後キングを処刑し、その血から人間を作りだしたという。


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic