通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 創作世界・ファンタジー
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 欧州 > 北欧神話 > 人・動物
ドワーフ
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:ドワーフ
外語:dwarf
品詞:名詞

北欧神話の小人族。原初の巨人ユミルの死体から湧いて生まれた。鍛冶の技術に優れ、オーディンの槍グングニルやトールの槌ミョルニルなどを作り上げた。

ファンタジー世界では人型だが背丈が4フィートから5フィート(約120cm〜150cm)の間で、寿命は約250年である。

ドワーフの男達は皆長いあごひげを持っていて、彼らにとってそれはステータスなのである。またドワーフの女性にも髭があったと考えられるが、彼女らは普段めったに出歩かないし、旅に出る場合であってもその身なりや声がドワーフの男とそっくりだったので、ドワーフ以外の者には区別がつけがたかったのである。その為か、ドワーフの男は結婚を望まない者が多い。

ドワーフは金属細工や石の彫刻を得意とし、エルフでもドワーフを超える物は作り出せないという。"指輪物語" ではミスリルを作り出したのが彼らである。

リンク
用語の所属
北欧神話

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic