通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 欧州 > 北欧神話
北欧神話
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:ほくおうしんわ
外語:Scandinavian mythology
品詞:名詞

スカンジナビア地方の北ゲルマン民族に伝わる神話群。西暦11世紀頃に成立した神話集「古エッダ」と、西暦13世紀にスノッリ・ストゥルルソンがまとめた「新エッダ」が原典。しかし両者には内容不一致があり、スノッリが敬虔なキリスト教徒であることを考えると、新エッダにはそれによる影響があることを否定できない。

世界の始まりのとき、霜が熱風で溶けたしずくから巨人ユミルと牝牛アウズフムラが誕生した。牝牛が舐めた氷から人間ブーリがあらわれ、その息子と巨人の娘が結婚してオーディン、ビリ、ベーを産み、アース神族の始祖となった。

リンク
関連する用語
アースガルド
アース神族
エッダ (古)
エッダ (新)
アスク
アルファル
イグドラシル
ヴァルハラ
登場する神
オーディン
スルト
ロキ
ノルニル
フレイア
ワルキューレ
登場する人物
トール
トロール
ドワーフ
ベルセルク
ムスッペル
アインヘルヤル
アルベリヒ
登場する動物等
アウズフムラ
スコル
フェンリル
フレスベルク
ガルム
スレイプニル
ニーズホッグ
ハティ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic