通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響技術 > ノイズ
ヒスノイズ
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ヒスノイズ
外語:hiss noise
品詞:名詞

ヒス雑音、ヒス音。ホワイトノイズに似た高周波のノイズ

目次
概要

hissは英語の擬音語であり、「サー」あるいは「シュー」といったようなノイズを表わす。

音色はホワイトノイズに近いが、ヒスノイズ自体には特に定義はなく、高周波を含むノイズが総じてヒスノイズと呼ばれている。

特徴

磁気テープでよく生じ、カセットテープにアナログ録音、ビデオテープにアナログ録画をしていた時代には、音質・画質に直接影響するため、様々な対策がなされていた。

磁気テープの場合、磁性体のムラ(不均一な分布)などで生じるものであり、磁気テープが基本的に持つノイズであるといえる。

例えば、無録音のカセットテープを再生すると、ヒスノイズのみが再生される。

リンク
用語の所属
ノイズ
関連する用語
ホワイトノイズ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic