通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 文明・社会 > 民族
フェニキア人
辞書:文化用語の基礎知識 文化編 (LBUNKA)
読み:フェニキアじん
外語:Phoenicians
品詞:名詞

セム語系の商業民族。シリア・レバノンの海岸地帯に定住し、カナーン系を中心に早くから混血が進んだ。政治的に統一されたことは無く、紀元前1500年頃から、ウガリット・ビブロス・ベリトスといった商業都市の連合形態をとった。

紀元前1200年頃からイスパニアまで進出するようになり、アフリカ北岸のカルタゴ、イスパニアのガテス等に植民市を建設し、地中海貿易を独占,オリエント文明を西方に伝えた。紀元前9世紀頃からアッシリアが強力になってくるとフェニキア諸都市は勢力を失い、アッシリア・ペルシア海軍の主力となり、やがてローマの属州となった。

紀元前13世紀後半に成立したフェニキア文字は、紀元前11世紀に西方に伝播しキプロス文字などを生み、紀元前8世紀にはギリシャ人が受容、アルファベットとなる。

リンク
関連する用語
カナーン人
アッシリア人
ギリシャ民族

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic