通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > アジア > 仏教 > 用語 > 地理・世界観 > 六道
六道
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:ろくどう
品詞:名詞

バラモン教仏教において、一切衆生が転生するという世界の総称。

目次
概要

日本では輪廻転生とともに仏教の死後感として信仰されているが、もともとの仏教には存在しない。釈迦はこのようなものは語っておらず、経典にもない。

この思想は、元々はインドで信じられてきたバラモン教などが由来であり、これが仏教と混交し、仏教の思想の一つとして信仰されるようになった。

特徴

一般には、次の六つの世界(道)が説かれている。

人間ふくめあらゆる衆生は死後、この六道のいずれかに転生する。そしてこの世界(人間道)が、あの世とこの世を隔てる境界だとされる。そしてこの中を衆生は輪廻するのだとされる。

日本仏教では、どの道へ転生するかは生前の行ない(業)によると説かれる。また例え天道であっても苦しみの輪廻からは逃れられず、これらとは別に輪廻しない永遠の世界として仏界があるとする。

リンク
用語の所属
仏教
関連する用語
輪廻転生
衆生
一切衆生

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic