通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 言語 > 文法
動詞
辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:どうし
外語:verb
品詞:名詞

品詞の一つで、人や物の動作を表わす語。

目次
概要

主に行動、作用、状態、存在などを表現する語であり、主語や目的語と共に用いられて文を作る。

時制を持つ言語の場合は、この時制を動詞で表現するものが多い。

日本語では、形容詞・形容動詞などと共に「用言」に属する。

特徴
分類

動詞の基本的な分類は次の通り。

動詞4分類

言語学では、Vendlerの動詞4分類も使われる。

言語による特徴
日本語

分類

現代日本語の口語文の動詞は、次の三種類に分類する。

後に述べるが、それぞれ、五段活用、一段活用、変格活用をする。

言い切りの形は、一般にウ段の音で終わる。但し文語の場合、ラ行変格活用動詞(ラ変動詞)に限って「り」とイ段の音で終わる。ラ変動詞は、「あり」「をり」「はべり」「いまそがり」の四語のみである。


活用形式

現代日本語の口語の動詞には、次の5種類の活用形式がある。

文語の動詞では、次の9種類の活用形式がある。


五段活用

現代日本語の口語における活用形で、活用語尾が「アイウエオ」と五段全てに渡るものをいう。

例えば「走る」(ラ行五段活用)を以下に例とする。

文語では、仮定形の代わりに已然形となる。

文語における四段活用に対応する。文語の歴史的仮名遣ひ「走らう」の未然形が現代仮名遣いで「走ろう」に変化したため、結果として未然形がア段だけでなくオ段にも活用するようになり、四段活用は五段活用に変化したのである。

ヨーロッパ言語

形による活用

動詞の活用形として、次のようなものがある。

日本語の活用と用途は同様だが、日本語の場合は活用助詞を用いるのに対し、ヨーロッパ言語では単語そのものが変わってしまうこともある。

変化も、人称、単数複数で変化することもある(例えば英語の三単現こと三人称単数現在形)。


エスペラント

エスペラントでは、動詞語尾は時制などで変化する。

動詞の活用はルールがあり例外は一つも存在しない。このため、不規則動詞は存在しない。

リンク
関連する用語
不定形
be動詞

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic