通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 言語 > 文法
名詞
辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:めいし
外語:noun
品詞:名詞

ものの名称で、主語や目的語となるもの。

目次
日本語
数と格

日本語にはヨーロッパの言語に見られる、単数形・複数形の区別や格変化などが存在しない。

〜達、〜個の〜、のようにして複数を表わし、また格変化の代わりに活用や助詞(てにをは)によって表現をする。

品詞

日本語では、普通名詞・固有名詞・数詞・形式名詞・代名詞に別れる。

エスペラント
数と格

エスペラントでは、名詞には単数形と複数形があり、それぞれに主格対格(目的格)がある。

これらは格変化によって表わされ、複数形は単数形に‐jが付き、対格は主格に‐nを付けて作られる。

例えば、山の格変化は次のようになる(エスペラントの/は見やすさのために入れた区切りで、実際には書かない)。

リンク
関連する用語
体言
体言止め

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic