通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響技術
和音
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:わおん
外語:chord
品詞:名詞

音程の異なる音を同時に響かせたときに出る音。

目次
概要

一つの音だけが鳴れば「単音」であるが、音程の異なる音が複数同時に鳴れば、単音とは違った表情が現われる。このため、音楽では和音が頻繁に使われる。

音の数に応じて「三和音」「四和音」「五和音」などがよく使われている。

この和音は、基本の音を基準として一つの「コードネーム」(和音名)が与えられており、このように同じ名前で呼ばれる異なるピッチの音の集まりを「ピッチクラス」という。

なお、同時に音が鳴っていても、完全一度完全八度だけの場合、それは和音とはみなさない。

特徴
種類

音の数などに応じて、次のように分けられる。

三和音

三和音はトライアドという。

ある基準となる音(根音)に対し、三度上の音と五度上の音を合わせて三和音とする。

組み合わせ方により、長三和音、短三和音、増三和音、減三和音に分けられる。以下は、Cを根音とした場合の例を示す。

名称構成音音程コードネーム
根音と第3音根音と第5音第3音と第5音
長三和音C、E、G長三度完全五度短三度C
短三和音C、E♭、G短三度完全五度長三度Cm
減三和音C、E♭、G♭短三度減五度短三度Cdim
増三和音C、E、G♯長三度増五度長三度Caug
四和音

三和音に対し、根音の七度上の音(第7音)を加えた和音を四和音(セブンスコード)という。セブンスコードから、七の和音とも。

ギターにせよピアノにせよ、指の位置がおかしな事になるので、弾きこなすには熟練が必要である。

五和音

四和音に対し、複音程(テンション・ノート)を加えた和音を五和音(テンションコード)という。

リンク
関連する用語
音程
同時発音数
携帯電話

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic