通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 作詞家
宗左近
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・作曲家編 (LMCOMP)
読み:そう-さこん
外語:SOU Sakon
品詞:人名

文筆家、詩人、仏文学者、美術評論家、作詞家。代表作品は、長編詩集「炎(も)える母」など。

目次
個人情報

本名「古賀照一(こが てるいち)」

生没1919(大正8)年〜2006(平成18)年6月19日。満87歳没。北九州市出身、自宅は非公開。

名前の由来は、戦争で死にそうになった時に出た言葉「そうさ、こん畜生」から。思想的には、日本共産党の支持者として知られた。

特徴

非常に独創的な校歌や団体歌を作ることで一部では有名。とにかくスケールが大きく、言い回しがストレートで、しかし意味不明。とても校歌とは思えないような詞を作り上げる独創性は、一部から「宗ワールド」とも呼ばれた。

完全に常人のセンスを超越しており、理解できない人には一生理解できない。かつては縄文を詠う詩人として有名だったが、後にゆんゆんで有名になる。

作品

2001(平成13)年時点で確認されている校歌などに、次のものがある/あった。

うち、「風よ光よ」は2001(平成13)年4月から変更されてしまった。『共学になって歌詞内に「僕たち」というフレーズがあるのは不適切』というのが変更理由である。

名句

名句に、次のものがある。

リンク
関連するリンク
宗左近さん特集
関連する用語
ゆんゆん
よんよん
やんやん

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic