通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰
社会科学 > 経済・ビジネス > 職業・雇用
巫女
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:みこ
外語:virgin consecrated to a deity
品詞:名詞

神道において、に仕えて、神楽・祈祷を行なう女性。神子・御子とも。

目次
概要

この職は神和ぎと呼ばれる。現在は主として女であるが、古くは、男は「覡」(おかんなぎ)、女は「巫」(めかんなぎ)と呼ばれていた。

現在でも、神社の巫女アルバイト募集は毎年恒例であるが、男性の募集もある。

例えば東京都江東区富岡に鎮座する富岡八幡宮の「お正月助勤 男・女募集」には、次のようにあった。

(1) お札・お守りの授与、祈祷受付

・女性(巫女)

・男性(巫女同様の仕事も可)

(2) 清掃、雑務

日給 8,000円〜

本人が希望すれば、今でも「覡」(おかんなぎ)になることは可能であるらしい。

特徴
現在の巫女

巫女というのは本来、神に仕える、または神社に奉仕をする女性を言う。

神道は宗教ではないが精神世界には違いなく、そういった精神性を持った女性を巫女と言うのが本来である。そうではない単に巫女装束を着た女性というのは、それは単に巫女装束を着た女性に過ぎないが、しかし最近はそういった、どう見ても高校生ぐらいにしか見えないアルバイトも多い。

また、巫女は労働者ではないので、かつて存在した労働基準法の適用(女子の深夜業の制限)も受けなかった。そして、宗教上の(あるいはそれに類する)役柄であるため、男女雇用機会均等法の例外(女性だけを公募してよい)になっている。

なお、巫女装束一式は、並のグレードでは定価で約13万円である。

巫女の装束

あるパンフレットによると、次のような価格であるようだ。

リンク
用語の所属
神道
神和ぎ
関連する用語
神社
巫女みこナース

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic