通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > アジア > 仏教 > 用語
懺悔
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:さんげ
外語:ksama
品詞:さ変名詞

己の犯した罪咎を仏に打ち明け、悔い改めることを誓うことで罪の浄化を願うこと。日本語では "ざんげ" と読むが、仏教では "さんげ" と読む。

これは梵語(サンスクリット語)のksamaの音写の懺と、その漢訳である悔を合わせた語。

仏説観普賢菩薩行法経では六根の業障を懺悔して消滅させる行として "端座して実相を思え" と説かれている。

リンク
用語の所属
仏教
関連する用語
仏説観普賢菩薩行法経

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic