通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 > > 別天神
造化三神
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:ぞうかさんしん
品詞:名詞

天地開闢の後、まず高天原に現われたとされる三柱ののことで、天地と万物を創造した。

目次
概要

具体的には、次の三柱をいう。

特徴

最初の天御中主神は天地・万物の中心の神、次の高御産巣日神は天地の生成を司る神、最後の神産巣日神は万物の生成を司る神、とされる。

このうち、高御産巣日神の娘栲幡千々姫天照大神の息子天忍穂耳命と結婚して邇邇芸命を産み、後の神武天皇および皇室へと繋がるとされる。

リンク
用語の所属
日本神話
神道
天津神
別天神
関連する用語
高天原

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic