通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 >
天津神
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:あまつかみ
品詞:名詞

天の神のこと。「津」は現代語における接続詞「の」を意味する。

目次
概要

日本神話において、天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)誕生から、邇邇芸命(ニニギノミコト=天孫)が降臨するまでに高天原に生まれた神々と、そこから降臨し地上(葦原中国)に住むようになった神々のこと

天神とも呼ばれる。

特徴

主な天津神は、次の通り。名は主として古事記から。

リンク
用語の所属
日本神話
高天原
神 (神道)
関連する用語
国津神
別天神
葦原中国
天孫
天神地祇

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic