通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 大洋州 > 日本 > 日本神話・神道・民間信仰 > 人・神・動物 > > 天津神
火遠理命
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ホオリノミコト
品詞:名

日本神話における神。邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)の第三子であり、神武天皇の祖父。山幸彦

目次
概要

日本神話筑紫国の物語(海幸彦と山幸彦)においての山幸彦である。

ある時兄の海幸彦とお互いに道具と場所を取り替えて猟をしたが、山幸彦は兄の釣り針をなくしてしまう。山幸彦は塩土老翁神(シオツチオジノカミ)に教えられて綿津見神宮を訪れ、豊玉毘売(トヨタマヒメ)と出会い結ばれ、鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)をもうけ、またなくした針を手に入れた。

この鵜葺草葺不合命の子が後の神武天皇である。

リンク
用語の所属
日本神話
筑紫国の物語
神道
天津神
関連する神
山幸彦
火照命

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic