通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 楽器 > ディジタル
GM (MIDI)
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ジーエム
外語:GM: General MIDI System
品詞:固有名詞

MIDIに付帯する推奨仕様の一つで、メーカー/機種を問わない、音源の動作や振舞い、音色配列等を共通化するためのフォーマット。

目次
概要

General MIDI System Level 1(GM1)が、1991(平成3)年に社団法人音楽電子事業協会(AMEI)とMMA(MIDI Manufacturers Association)によって、推奨仕様(Recommended Practice)として採用された。

その後はメーカー各社が独自拡張を盛り込んで楽器の高性能化を実現するが、メーカーの「囲い込み戦略」もあって仕様は共通化されていなかった。

そこで、1999(平成11)年に、AMEIとMMAは「GM2」フォーマットを新たな推奨仕様(RP024)として策定した。

特徴
GM1/GM2

GM1では、基本的な音色などを定義した。GM2では、GM1で限界があった点の改良を施した。

GM2は基本的にGM1に対する上位互換であり、次のような特徴がある。

音色

GM誕生前は、音色番号1から128までに、各メーカーが独自に音色を割り当てていたため、異なるメーカー同士では交信に支障があった。

音源にLAを採用した、いにしえの人気シンセサイザーMT-32などの時代が、まさに該当する。

現在でも、様々なメーカー独自拡張が使われているが、全てがGM1互換(またはGM2互換)となっている。

拡張

音色が128種類では、やはり不足した。またGM1にはエフェクトに関する規定が無かったので、これも拡張として要求された。

そこで、次のようなものが作られた。

GS、XG、それぞれ更なる拡張やサブセットの仕様が作られている。

音色については、バンク切り替えという方法で拡張されている。

データバイト

8ビットのデータのうち、1バイト目がMSB(ビット8)が0のものが「データバイト」である。

「ノート・ナンバー」などと呼ばれる、「音の高さ(ピッチ)」「音の強さ(ベロシティ)」といった情報は、データとして送られる。

なお、値と音は、次のように対応する。

中央(4オクターブ)のド(C4)を60として、C-1からG9までの128音階を表現できる。

一般的な88鍵ピアノではA0からC8の範囲なので、充分な範囲を網羅している。

ステータスバイト

8ビットのデータのうち、1バイト目がMSB(ビット8)が1のものが「ステータスバイト」である。様々な制御をするために使われる。

1バイト目がステータス、必要に応じて第2バイト、第3バイトのオプションが付く。第2バイト以降は、MSBは常に0で用いる。

仕様上、使われているのは、次の範囲内である。

技術仕様

ステータスバイトの主な仕様は次の通り。GM1/GM2のみならず、GSなどの独自拡張にも触れる。

基本的な機能は次の通り。なお、用語についてはローランドの方式による。

チャンネル・ボイス・メッセージ

ノート・オフ、ノート・オンを行なう機能(3バイトまたは3バイト×2)。

ポリフォニック・キー・プレッシャー

キー・プレッシャーの設定を行なう機能(3バイト)。

AnH kkH vvH

コントローラー、チャンネル・モード・メッセージ

機能

3バイト形式で、次の通り。

BnH xxH yyH

xxにコントローラー・ナンバー、yyに設定する値を入れる。

様々な機能が、メーカー独自拡張として存在している。


コントロール・チェンジ

音色のバンク切り替えをする機能(3バイト×2)。

BnH 00H mmH

BnH 20H llH

GSフォーマットとXGフォーマットで互換性がない。音色の番号の対応が違うのはもちろんのこと、MSB/LSBの扱いすら異なる。

GSの場合は、MAPと呼ばれる階層を持ち、その中にバンク番号に相当するバリエーション番号を持つ。MAPはLSBで、バリエーションはMSBに、それぞれセットする。

XGの場合は、ボイス・タイプを持ち、その中にバンク・セレクトを持つ。ボイスはMSBに、バンクはLSBに、それぞれセットする。

つまり、GSとXGでは、値をセットする場所が逆になっている。

プログラム・チェンジ

音色の変更を行なう機能(2バイト)。

CnH ppH

チャンネル・プレッシャー

チャンネル・プレッシャーの変更を行なう機能(2バイト)。

DnH vvH

ピッチ・ベンド・チェンジ

ピッチ・ベンド値の変更を行なう機能(3バイト)。

EnH llH mmH

システム・リアルタイム・メッセージ

アクティブ・センシングは、次の1バイトである。

FEH

システム・エクスクルーシブ・メッセージ

楽器に対する、独自の情報を与える時に使う。楽器ごとに仕様は異なる。

F0H <データバイト(iiH、ddH、………、eeH)> F7H

F0Hに始まり、必要なデータ(不定長)を与え、F7Hで終える。

例えば、次のような用途に使う。

「ユニバーサル・リアルタイム・システム・エクスクルーシブ・メッセージ」の用例は次の通り。

リンク
関連するリンク
仕様書
用語の所属
MIDI
GM
関連する用語
フォーマット
GM1
GM2
GS (ローランド)
XG
標準MIDIファイル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic