通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 楽器 > ディジタル
GS (ローランド)
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ジーエス
外語:GS
品詞:固有名詞

ローランドの提唱した、GM上位互換のフォーマット仕様。

目次
概要
GMとGS

基本的には、GMで規定される128種の音色を、さらにバンク切り替えという形で拡張することを主とする。

但し実際にはGMよりGSの方が先に登場しており、GMはGSの音色を抜粋して標準化したものである。

その他、GSにはGM1に存在しないエフェクトに関する設定が存在する。

GSとXG

対抗のヤマハは「XG」という、同じく GM1の上位互換を用意しているが、GSとは非互換である。

なお、ローランド一部機種でヤマハのXGliteに、またヤマハの一部機種もGSに、対応する製品がある。

SOUND Canvasシリーズでも、SC-88Pro以降は、隠しモードとしてXG(あるいはXGliste相当か)が搭載されている。

GS STANDARD

初期の頃はGSスタンダードという呼称だったがすぐ改称されてGSフォーマットとなり、現在はGSのみで使われる事が多い。

例えば、初期ロットのSC-55は、液晶下のフロントパネルにGS STANDARDと表示されている。

特徴
種類

GSにも様々なバージョンが存在するが、大きく分けると次の二つである。

主な対応機種

俗に「GS音源」と呼ばれる。

リンク
用語の所属
MIDI
GM (MIDI)
GS
関連する用語
GSリセット
XG

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic