通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 楽器 > シンセサイザー > Roland
SC-55
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:エススィーごーごー
外語:SC-55: SOUND Canvas 55
品詞:商品名

ローランドのシンセ音源モジュールの一つ。

目次
仕様

16パート24音ポリの音源である。

特徴
GS規格

GS規格に合致した音源で、かつてのDTM標準音源である。

この装置は初期型と後期型に分けられるが、初期型も更に2種類あり、最初期ロットとそれ以降のロットで多少異なる部分がある。

パネルにGMマークが無いのが初期型、あるのが後期型である。

また初期型で「GS STANDARD」マークが付いているのが最初期ロットである。初期型は「GSリセット」を受け付けないと言う機能的な問題点があり、ソフトウェアによっては音がおかしくなる。

初期型

初期型は、存在しないバンク音色が指定された時、似た音色を自動的に選ぶという機能があった。

しかし、これはヤマハの特許を侵害したものであったため、ヤマハの抗議を受けて後期型から当機能は削除されてしまった。

姉妹品

廉価版にSC-55mkIIがある。区別するため、こちらは俗に「無印」「無印55」などと呼ばれた。

リンク
用語の所属
55
関連する用語
ローランド
シンセサイザー
GSリセット
旧GS
新GS
ヤマハ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic