通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 楽器 > シンセサイザー > ヤマハ
MU128
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:エムユーいちにっぱ
外語:MU128: TONE GENERATOR MUSIC 128
品詞:商品名

ヤマハのシンセ音源モジュール。XG規格対応製品。音色数1,342種、47ドラムセット、64パート、128音ポリの超高機能DTM音源。6系統エフェクト(リバーブ・コーラス・バリエーション・インサーション1〜2・5BANDマルチEQ)やパートパラメーターで思いのままの音づくりが出来るという触れ込みである。更に、別売プラグインボードを3枚まで装着でき、更に多彩な表現も行なうことも可能など、まさに向かうところ敵なし。119,000円という豪快な定価も、2Uハーフという巨大な筐体も、当時としては敵なしであった。

音源はAWM2。PCMの一種だが音データを非可逆圧縮しているのが特徴。これにより大量の音色情報をROMに無理なく記録しておくことが可能となっている。

XG、TG300Bなどの互換モードのほか、任意の音色を組み合わせて演奏することが可能なパフォーマンスモードも従来通り装備していて、多くの機能でライバル機であるSC-88Proを凌駕する。

リンク
関連するリンク
http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/dtm/mu128/
用語の所属
ヤマハ
シンセサイザー
DTM音源
MU
関連する用語
XG
U
TG300
PCM
SC-88Pro

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic