通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
社会科学 > 経済・ビジネス > 金融・投資 > 通貨 > 電子マネー
WAON
辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:ワオン
外語:WAON
品詞:商品名

イオンがサービスしている、プリペイド型電子マネー

目次
概要

2007(平成19)年4月27日にサービス開始。決済音が「ワオン」という犬の鳴き声のような音なのが特徴。

通販のほか、イオン、ビブレ、マックスバリュ、ミニストップなどイオン系列の店頭で購入可能。単なるWAONや「ご当地WAON」なら、発行手数料は300円。

他に、クレジットカード機能付きもあり、これは殆どが発行手数料、年会費ともに無料であるが、当然ながら与信審査が存在する。

特徴
入手方法

WAON対応店で販売されている。

ご当地WAONを含む様々なデザインのものが販売されているが、そもそもFeliCaのカードを300円で販売してコレクションされたのでは大赤字だと思われる(原価は500円〜1000円程度と予想される)。

それでもデザインなどにこだわっているところからは、とにかく使ってもらって普及させようという強い意志が見て取れる。さすがに無料配布だと大量に持ち去って無駄にする人が大勢出るだろうと予想されるので、300円というのは高くなく、しかし要らない人は出さない額という意味で適当な価格と言えるのかも知れない。

対応店

イオン系列の店(コンビニではミニストップ)で利用できる。イオングループ外への普及にも努めており、吉野家がグループ外として初導入したことを皮切りに、ファミリーマート、マクドナルドなどでも利用可能になった。ダイエーがイオン傘下になってからは、ダイエーでも利用可能となった。

更に、自動販売機でも利用できることがある。

WAONは所有者の多くが主婦と考えられているが、吉野家の顧客層とかけ離れてるものの採用の意図は不明。

WAONポイント

WAONのポイントサービスである。

買い物1回ごと200円(税込)ごとに1WAONポイント(1円相当)が自動的に加算される。200円(税込)未満の端数は切り捨てられる。

ポイントは1年以上で最大2年間の有効期限がある。

ポイントはWAONステーションなどでWAONにチャージし買い物に利用することができる。

マスコットキャラは赤い首輪を付けた白い犬である。WAONの語源は「和音」つまり複数の音の調和を表わすとされるが、ここから転じて、ワオン→犬の鳴き声→犬、ということになったようである。

この犬は、公募によって「ハッピーワオン」と命名された。

赤い首輪がやたらと目立つが、首輪の本当の由来は不明。ただ、イオン(AEON)のロゴはEとOの間に輪が描かれていて、これが由来だろうと予想はできる。イオンらしさを表現するためには、欠くことの出来ない輪だったのだろう。

技術

以下はすべて、独自解析情報による。特に明記しない限り、数値は全てビッグエンディアン(BE)である。

記録情報

システムコードは12FCと852Bが確認されており、12FCの方がメモリー容量が多い。

暗号化されていない領域は次の通り。

暗号化された領域は次の通り。

最終利用情報?

最終利用日が確認できるが、それ以外は不明。

1ブロック目

2ブロック目

3ブロック目

4ブロック目

利用者情報

WAON番号が確認できるが、それ以外は不明。

1ブロック目

2ブロック目

3ブロック目

4ブロック目

5ブロック目

6ブロック目

7ブロック目

利用履歴

利用履歴と思われる。2件2ブロックで過去3件分が保存される。

1・3・5ブロック目

2・4・6ブロック目

7ブロック目

8ブロック目

9ブロック目

8ブロック目の最終決済年月日と思われる情報は、チャージでは更新されないようである。

残額

残額が記録されている。

内容は次の通り。

ポイント情報

ポイント情報が記録されている。

1ブロック目

2ブロック目

3ブロック目

カード番号

ここにもWAONカード番号が見える。

1ブロック目

2ブロック目

リンク
関連するリンク
http://www.waon.net/
用語の所属
電子マネー
関連する用語
FeliCa

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic