通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
運輸 > > 設備 > 駆動装置
ガソリンエンジン
辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:ガソリンエンジン
外語:gasoline engine
品詞:名詞

燃料にガソリンを使うエンジン

目次
概要

ガソリンエンジンは、ガソリンが「高温になっても発火しない」という性質を利用したエンジンである。

エンジンは、気化したガソリンと空気(酸素)を吸い込み、シリンダー内で圧縮する。この際に高温になるが、爆発することはない。そして、爆発させたいタイミングで、スパークプラグから火花を散らすことで爆発させる。

現在のものは一般に、シリンダが特定の位置に来たときにプラグのスパークで点火する制御が行なわれている。

特徴
利点等

爆発にスパークプラグを用いているため、爆発のタイミングを正確に制御することが可能で、また圧縮比をそれほど高くする必要がない。

そのため振動や音が比較的小さく、高回転にも適している。

ガソリン車に軽油を給油

近年、セルフサービスのガソリンスタンド(いわゆる「セルフ」)で、「軽自動車」に「軽油」を誤って給油する事故が頻発していると報道されている。

しかし軽油は発火点が高く、ガソリンより燃えにくいため、プラグのスパークだけでは発火させられない。

従って、ガソリン車に誤って軽油を給油してしまうと、燃料に火が付かないため、すぐにエンジンは止まってしまう。故障するなどの大事には至らないことが多いが、タンク内の燃料を全て抜き取る必要があるため、費用が掛かる。

リンク
関連する用語
エンジン
ガソリン
ディーゼルエンジン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic