通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 国名 > ヨーロッパ(欧州)
バチカン
辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:バチカン
外語:Vatican
品詞:国

キリスト教(カトリック)を総括する法王聖座がある、世界最小の国。

目次
国に関する情報
基礎情報

一般情報

通信

電気

政情、内政

外交、防衛

経済
国旗

国旗は正方形で、黄と白の縦二色旗。左半分が黄色、右半分が白色

白中央に、紋章(教皇の三重冠と金銀のペテロの鍵)を配する。

国の状況

バチカンはイタリア共和国の中にある。

国境

城壁があり、これが国境となる。正式な入国には旅券査証が必要とされるが、いわゆる観光地であるサン・ピエトロ大聖堂とバチカン美術館は、旅券がなくても自由に出入国可能。

また、大聖堂の広場側(サン・ピエトロ広場)側は城壁がなく、イタリアとの国境は簡単な柵(フェンス)であり、意識しないと国境だとは気付かない。

検問のたぐいもなく、誰でも簡単に国境を越えることができる。

軍備、経済

国としては、軍事力も経済力も持たない。

スイス衛兵が法王室の、市国警察がその他の警備をしているが、事実上イタリアの警察および軍隊に依存している。バチカンといえども決して非武装国ではない。

バチカン人?

バチカンも一国家である以上、バチカン国籍も存在する。バチカン国籍を取得できるのは敬虔なカトリック信者でありかつ、教皇に仕える者のみである。これはあくまで、外交上の理由による便宜上のものといえる。

従って、(可能かどうかはともかく)仮にバチカン国内で産まれたとしても、バチカン国籍は取得できないらしく、その者は(なぜか)イタリア国籍になるらしい。

そして、バチカンで勤務する者で、バチカン内に住む者は2割に満たず、大半はイタリアに住み、バチカンに「出勤」しているそうである。

このような事情から、バチカン国籍は二重国籍が認められており、バチカン国民は全員、バチカン国籍の他に本国(大半はイタリアだろう)の国籍を持っている。

言語

公用語はラテン語であるが、実際に話されている主要言語はイタリア語である。

外交用語にはフランス語が使われている。

国の特徴
生活習慣

服装はカジュアルな洋服が主である。

チップの習慣がある。

治安など

治安は良い。

時差

イタリアと同じUTC+1が採用されている。

日本との時差は8時間で、バチカン/イタリアが遅れている。

日本との関係

親日かどうかは定かではないが、少なくとも敵国ではない。

日本とバチカンの間では、天皇陛下はじめ皇族や、教皇含むバチカン要人の往来がある。

在留邦人は、2008(平成20)年9月現在、1名とされる。

アクセス方法

以下は著している時点での情報であるが、予告無く変更される可能性があるため、最新の情報は別途確認すること。

旅券と査証

「バチカン」そのものへの入国方法は定かではない。

イタリアへの入国に際しては、次のものが必要である。

査証は短期の旅行では不要。出国用航空券なども特に求められていない。

空路

バチカンには飛行場はない。

陸路でのみイタリアとアクセスされる。

周辺の国・地域
リンク
関連するリンク
外務省 バチカン
Vatican the Holy See
用語の所属
ヨーロッパ
関連する用語
キリスト教

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic