通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > URI・パス > ドメイン名
ccTLD
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:スィースィーティーエルディー
外語:ccTLD: country code Top Level Domain
品詞:名詞

TLDが国名になったドメイン。nTLDともいう。セカンドレベル以上の管理については各国のNICに任せられている。

目次
概要

大きく、にはISO 3166で規定される2文字国名をした英字のものと、日本語含む英字以外の文字が使用できる国際化ccTLDであるものとに分かれる。

日本の場合は.jp.日本である。ローマ字.jpと日本語.jpで値段が違うが、いずれにしても高い。

特徴
ISO 3166-1

ccTLDは、各国のNIC等がドメイン名を管理するTLDである。日本では.jpである。

基本的にはISO 3166で規定される2文字国名を使用する。但し各国の申請によるため、一部においてISOと差異がある。

例えば英国のISO 3166による国名コードはgbであるが、歴史的な事情から.ukをドメイン名として使用している。

なお、EU(欧州連合)は国ではないが、.euというEU加盟国用のccTLDも存在する。

ISO 3166-1と異なるドメイン名
その他

かつては、次のようなものもあったが、既に削除されたか、または最初から未使用となっている。

国際化ccTLD(国際化国別コードTLD)

国際化ccTLDは、現時点では正式な和名が決まっていないが、TLDとしてIDN(国際化ドメイン名)であるものをいう。

これも徐々に増えつつある。

一覧

IANAが公開している、2014(平成26)年1月20日付けで有効なccTLDのうち、国際化ccTLDでないものは、以下の通りである。

安全性
McAfee

かつて、米McAfeeが毎年、TLDごとの安全性を調査して発表していた。

当時のgTLDは種類が少ないこともあり変動もあまり無かったが、ccTLDは毎年違っていて興味深い観測対象となっていた。

2007(平成19)年

2007(平成19)年は、大国のccTLDで最も危険なのは、ルーマニアの「.ro」とロシアの「.ru」と発表された。

ルーマニアは5.6%、ロシアは4.5%が危険で、ソフトウェアの脆弱性を悪用するエクスプロイトコード、知らないうちに自動的にファイルをダウンロードさせられるサイトが多かったとされる。

安全だったccTLDは北欧地域で、最も安全だったのはフィンランド「.fi」で0.10%だった。アイルランド「.ie」の 0.11%、ノルウェー「.no」の0.16%、アイスランド「.is」の0.19%、スウェーデン「.se」の0.21%などとなっている。日本の「.jp」の危険度は世界で57番目だったとされ、世界的には安全な方ではあるが、しかし危険あるいは危険と目されるサイトに対して毎月160万クリックが行なわれているとされた。

この年、gTLDで最も危険だったのは「.info」で、7.5%が危険なサイトだった。2番目は「.com」で5.5%のサイトが危険だったとされる。

2008(平成20)年

2008(平成20)年に最も危険なドメインは香港の「.hk」と発表された。サイト全体の19.15%にセキュリティ上の危険性が存在したとされる。

これに、支那「.cn」の11.76%、「.info」の11.73%、フィリピン「.ph」の7.74%、ルーマニア「.ro」の6.76%が次いだ。

安全だったドメインは、スロベニア「.si」、ノルウェー「.no」、日本「.jp」、フィンランド「.fi」、米国政府「.gov」がトップ5であり、いずれも危険なサイトの割合は0.2%以下だった。

2009(平成21)年

2009(平成21)年に最も危険なドメインはカメルーンの「.cm」と発表された。

前年の調査では圏外だったが、「.cm」は「.com」のタイプミスで入力されやすいことを悪用し、タイポスクワッティングで偽サイトを開設、スパイウェアアドウェア、その他不審なプログラムへの誘導を行なうサイバー犯罪が行なわれていたとされる。

ccTLDで次に危険とされたのは支那の「.cn」で、23.4%にセキュリティ上の危険性があったとされる。次に危険とされたサモアの「.ws」とともに、2年連続で危険なccTLDの上位5位にランクインした。

一方、前年最も危険とされた香港の「.hk」は、詐欺関連の登録の取り締まりを実施したことでccTLDでの危険性は34位にまで改善された。

gTLDでは、世界で最もトラフィック量の多い「.com」が最も危険で、逆に最も安全なものは米政府「.gov」とされた。

またccTLDで最も安全とされたのは日本「.jp」だった。

2010(平成22)年

2010(平成22)年に最も危険なドメインはベトナムの「.vn」と発表された。

前年はccTLDの危険性39位だったが急上昇、全体の29.4%にセキュリティ上の危険性があったとする。

昨年1位のカメルーン「.cm」も、サイト全体の22.2%が危険とされ2位、危険なドメイン状態が続いている。

逆に最も安全なccTLDは日本の「.jp」の0.1%で、2年連続で最も安全なドメインとなった。

リンク
用語の所属
ドメイン名
TLD
関連する用語
国際化ccTLD
gTLD
国名コード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic