通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > URI・パス > ドメイン名 > スタンダードTLD > ccTLD(国別)
.cn
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:ドット-スィーエン
外語:.cn
品詞:名詞

支那(ChiNa)の国別ドメイン(ccTLD)。

目次
概要

支那中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC、中国網際網路信息中心)が登録し、中華人民共和国情報産業部(日本の総務省、旧郵政省相当の機関)が管理をしているドメインである。

支那で一般に使われているが、支那共産党の侵略思想に基づいて、中華人民共和国の領土(以下、支共領)だけでなく、香港、マカオ、そして台湾でも.cnが登録、利用できる。

種類
分類

大きく三種類に分けられる。

類別域名

現在は、次の七種類が存在する。

行政区域名

セカンドレベルドメインに行政区域名を持つドメインで、現在は34個がある。

その他

セカンドレベルへの登録

セカンドレベルドメインとして設定できるドメインである。

俗に.cnドメインと呼ばれるものの代表。

特徴
公開

元々は支那共産党(以下、支共)の支配下にある地域内(中華人民共和国と呼ばれている領域)に在住する者のみが取得できた。

2003(平成15)年には、商用、組織用として、支共支配下に在住していなくても取得が可能となった。

条件

技術面

基本的な仕様はRFCに準拠しており、他のドメインと同様である。

国際化ドメイン名(IDN)には未対応。IDN識別子であるXN--で始る文字列は取得できない。


CNNICによる制限

CNNICにより、取得ができないと定義されている条件は、次のとおり(意訳)。


法的な制限

支共領内の法律が適用され、それを犯す内容での利用は、有無を言わず削除される。

次のような目的では利用できない。

  1. 中華人民共和国の国家機密漏洩、州機密漏洩、国家反逆、州統治を乱す。
  2. 中華人民共和国の国益、国家の名誉を損なう。
  3. 各国間の敵意を煽る、中華人民共和国の内乱を誘発する。
  4. 中華人民共和国の宗教政策に反する、カルト・迷信を広める、公序良俗に反する、社会秩序を乱す。
  5. 中華人民共和国にポルノ、猥褻行為、賭博、暴力、殺人、テロ、犯罪などを誘発する。
  6. 中華人民共和国の国民を誹謗中傷、法的権利を損なう。
  7. その他中華人民共和国の法律、規約、規則等に抵触するもの。

より分かりやすくは、次のような目的で利用すると消される(ドメインも、開設者の命も)。

簡単には、支共に不都合な内容の一切で利用できない。

登録数

ドメイン利用状況を調査しているZookNICの集計によると、2008(平成20)年7月時点で「.cn」は1236万件あり、それまで長く最大のccTLDだったドイツの「.de」を抜いて最大になったとされる。

この時点で、.cnと.deを合わせると世界のccTLDの37%を占める規模とされる。

危険の目印

McAfeeが2008(平成20)年6月4日に発表した、Webで訪問すると危険なTLDの調査結果によると、.cnは極めて危険であり、香港の「.hk」に次いで第二位の危険度だとされる。

この報告では、.cnサイトの11.2%が危険であると判定された。

リンク
用語の所属
ccTLD
CN

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic