通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 仕様・標準
ISO 3166
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:アイエスオウ-さんいちろくろく
外語:ISO 3166
品詞:名詞

ISOが定義する「国名コード」の標準規格。

目次
概要

次の三部がある。

日本語規格は「JIS X 0304」が対応する。

特徴
ISO 3166-1

国名を附番したり符号化したりする方法は様々になされている(例えば、国際電話の国番号)。ISO 3166はそのうちの規格の一つであり、国際標準である。

よく使われているISO 3166-1は、次の三種類の符号を定めている。

インターネットで使われるドメイン名で、国別ドメイン(ccTLD)は、このうち2文字となるalpha-2が主として使われている。

ISO 3166-2

ISO 3166-2は、ISO 3166-1で表わす各範囲内にある、自治体や属領を表わすための符号を定義する。

基本的な表記は、次の通りである。

  1. ISO 3166-1 alpha-2
  2. ハイフン
  3. 2〜3桁の英数字

最後の部分は、各国内の規格などが使われる例が多い。

日本の場合は、JIS X 0401(都道府県コード)が使われており、JP-の後に2桁の数字(JP-01〜JP-47)となっている。

各国内の規格変更等に合わせて定期的に更新されており、更新は「Newsletter」(ニュースレター)という形で告示されている。

リンク
関連する用語
国名コード
国番号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic