通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
運輸 > > 分類
中型バイク
辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:ちゅうがたバイク
品詞:名詞

普通二輪免許で運転できるバイクのうち、排気量126cc〜400ccのものに対する俗称。250ccや400ccのものが一般的である。

目次
概要

普通二輪免許で運転できるバイクは、道路運送車両法(ナンバーの区分)では、以下のものがある。

このうち、125cc以下つまりいわゆる原付二種を除いたものを、中型バイクと言うことになる。

由来

現在の普通二輪免許にあたる免許が、以前は中型と呼ばれていたことにちなみ、現在も俗称として残っている。

具体的には、1996(平成8)年からバイクの免許の名前が変更された。従来は原付と自動二輪の二種類で、自動二輪には二種類の限定が存在した。

1996(平成8)年からは、小型限定は維持され普通二輪の小型限定、中型限定は普通二輪、自動二輪は大型二輪に変更された。このような経緯により、普通二輪免許は「チュウメン」(中免)と呼ばれたり、大型二輪免許は「ナナハン免許」や「限定解除」と呼ばれたりしている。

かつて現在
原付原付免許
自動二輪小型限定普通二輪免許(普通二輪は小型二輪に限る)
中型限定普通二輪免許
限定なし大型二輪免許
リンク
用語の所属
普通自動二輪車
関連する用語
普通二輪免許
オートバイ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic