通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 近畿地方 > 京都 > 碁盤の目 > 横(東西)
御池通
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・近畿編 (EWLK)
読み:おいけ-どおり
外語:Oike Do^ri
品詞:固有名詞

京都市内で東西に伸びる道路の一つ。平安京の三条坊門小路に相当する。

東は鴨川沿いを走る川端通と接続する川端御池交差点、西は天神川通だが、途中にあるJR山陰本線の二条駅によって道路は分断されている。

目次
概要
起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名
道路
状況

京都市内における東西方向のメインストリートの一つで、幹線道路に加え、京都のシンボルロードとなっている。

京都市役所前では中央分離帯に噴水が設置されており、また夜間には照明で光るようになっている。

二条駅付近で分断している。二条駅前から150m北の千本押小路までは、市道としては御池通ではない。

地図によっては、右京区役所の北(太秦天神川駅付近)つまり天神川通(国道162号)〜三条通までの区間も御池通と表示されていることがあるが、市道としては御池通ではない。

道路の由来

この通りは、堀川通より東側が劇的に広くなっており、往復8車線も存在する。

これは大東亜戦争末期、空襲による火災の延焼を防ぐ目的で、建物密集地帯の建物を取り壊して道路とし防火帯とする「建物疎開」を実施したことに由来し、戦後にはその跡を都市計画で拡幅して現在の御池通とした。

名の由来

「御池」という名は、現在の二条城から三条通の辺りに神泉苑(しんせんえん)という広大な苑地があり、この中に通じた道だったことから、江戸時代中頃より「御池通」と呼ばれるようになったとされている。

特徴
接続する主な道路
併走する主な道路

北↑<御池通>↓南

沿道施設、観光地等
道の駅

道の駅はない。

主な橋
主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

並行する鉄道
経由する自治体
京都府
京都市
リンク
用語の所属
京都市
関連する用語
本能寺

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic