通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
軍事 > 兵器 > 水上・水中兵器 > 〜第一次世界大戦 > フランス > 戦艦
軍事 > 兵器 > 水上・水中兵器 > 〜第二次世界大戦 > フランス > 戦艦
ジャン・バール (II)
辞書:軍事用語の基礎知識 水上・水中兵器編 (AMARIARM)
読み:ジャン-バール
外語:Jean Bart
品詞:固有名詞

フランスの戦艦で、クールベ級戦艦3番艦。

目次
概要

第一次世界大戦で活躍した、フランスの戦艦である。

本艦は同級中唯一グースネック型クレーンを採用していた。

特徴
年譜
第一次世界大戦

第一次世界大戦ではアドリア海に派遣された。

オーストリー海軍の巡洋艦「ゼンダ」を撃沈した(らしい)が、1914(大正3)年12月21日にオトラント海峡で同国の潜水艦U21の魚雷2本を艦首に受け損傷した。1919(大正8)年にはセバストポール攻防戦に参加。

1922(大正11)年から1923(大正12)年にかけて近代化工事が行なわれ、前檣が三脚檣化され、1番、2番煙突が結合された。

1931(昭和6)年、兵装を撤去して練習艦となり、さらに1935(昭和10)年には除籍されツーロンで停泊艦となった。

1937(昭和12)年1月1日、艦名を新造されたリシュリュー級戦艦2番艦に譲り、同船は「オセアン」と改名した。

第二次世界大戦

第二次世界大戦時もそのままであったが、1942(昭和17)年11月27日にツーロンで自沈後、ドイツ軍の手によって再浮揚、水中爆発実験に使用された(らしい)。

1944(昭和19)年3月7日、連合軍機の爆撃により大破、15日着底する。のち浮揚され、1945(昭和20)年12月14日売却。1946(昭和21)年〜1947(昭和22)年にかけて解体された。


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic