通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > キャラクター > 同人・創作系
ぜんまいちゃん
辞書:萌色用語の基礎知識 萌え用語編 (OZMOEY)
読み:ぜんまいちゃん
外語:Zenmai chan
品詞:名

みなかみまりん(水上万里)氏のオリジナルマスコットキャラで、1990年代初頭〜中期にかけてパソコン通信ユーザーとX68000ユーザーを中心に大人気となった。

目次
概要

大きな黄色いリボンにポニーテール、白いフレアスカートのセーラー服、そして背中に大きなぜんまいのネジ…といった出で立ちのキャラである。

この「ぜんまい仕掛けの女の子」という部分が大変に受け、多数のCG作家他によって多くのアレンジCGやイメージストーリーが生み出された。

特徴
初出

パソコン通信時代に、草の根BBS「cat-net」(CG描きの集まるホストとして人気を博し、後にcat-cgnetとしてCG部門が独立)にみなかみまりんが初参加の手土産としてCGをアップロードしたのが最初のお披露目である。

それを見た栗原桃郎がいたく気に入り、作者了解の下オリジナルアレンジのCGで発表(1993(平成5)年)したことで当ホスト上で大ブレイクした。このため、本家みなかみぜんまいちゃんでなく、栗原ぜんまいちゃんしか見たことないという人も多かった。

流行

多数のCG作家がぜんまいちゃんCGに挑戦。また「ぜんまい仕掛け」というキャラクター性に刺激され、オリジナルショートストーリーも多数作られた。

草の根BBS間でCGが転載されただけでなく、パソコン雑誌やネットCG作家の作品集のムック本などでも大きく取り上げられ、「ネットワーク上で成長した稀有なキャラクター」として有名になった。

ネットで生まれ、二次創作としてネットで広まった「ネットキャラ」あるいは「オンライン同人キャラ」の元祖である。

なお、Mac用アニメ作成ツール「AnimeStudio2」(1997(平成9)年4月25日発売)のパッケージにも使用されていた。当パッケージのイラストは、ごとPが担当した。

現状

元祖「ぜんまいちゃん」は、これを著している現在、みなかみまりんの公式ページにも掲載されており、往時を偲ぶことができる。

同人活動も近年まで行なわれており、2007(平成19)年の冬コミ(コミケ73)でぜんまいちゃんのオフセット同人誌を頒布している。

また、pixivにも二次創作のぜんまいちゃんCGが幾つか見られる。

リンク
関連するリンク
Zenmai-chan's KaRaKuRi House

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic