通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 製品(商品名・型番) > パソコン > シャープ系パソコン
X68000
辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:エックスろくまんはっせん
外語:X68000
品詞:商品名

シャープの開発したパーソナルワークステーション。そのマルチメディアの先駆的なコンセプトは、今もなお色あせていない高性能機。プロセッサーはMotorola 68000であり、また上位互換のMC68EC030を搭載したX68030もある。

電源はソフトウェアで切り、ディスクもソフトウェアで自動排出する。当時としては画期的な仕様のパソコンだった。現在も熱心なマニアが多く、そんな彼らを "波動er" や "逸般人" と呼んだ。

X68000末期にはX21やX68VSなどといった嘘の次世代マシンのうわさが流れたりしたが、結果としてX68030で打ち止めとなってしまった。

コラム(X68000 の歴史)
初代 → ACE ┬→ EXPERT → EXPERT II  → SUPER → XVI ┬→ X68030
            │                    ┌─────────┘
            └→ PRO    → PRO II └→ compactXVI → X68030compact
SUPER以後がSCSI端子, それ以前はSASIである.
リンク
用語の所属
パーソナルコンピューター
CY
関連する用語
シャープ
マルチメディア
Motorola
Motorola 68000
上位互換
X68030
ソフトウェア
ディスク
マニア
逸般人
SASI
SCSI
IOCS
X1

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic