通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > 68000
Motorola 68000
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:モトローラ-ろくまんはっせん
外語:Motorola 68000
品詞:商品名

Motorolaが開発したCISC32ビットマイクロプロセッサー。1979(昭和54)年発売。

目次
概要

中途半端な後方互換性を考慮せず、新規に、より良いものとして設計されたプロセッサーだった。68000という型番は、従来の6800を想起させるものだが、6800用周辺デバイスとのインターフェイスを除いて互換性はない。

名前の由来は、この6800、あるいは集積トランジスタ数が約68,000だった(実際の製品では約7万)、など様々な説がある。

同時期、16ビットの8086シリーズが対抗として存在したが、最初から32ビットだった68000は、外部アドレスバス幅も24ビットあるため8086よりも多くのメモリーが使用でき、しかも高速だった。このため好評を博し、X68000MacintoshAmigaワークステーションといった高性能コンピューターや、各種ゲームセンター用ゲーム基版等で広く利用された。

特徴
基本仕様

メモリーには8ビットごとに1バイトとしてアドレスが付いている。

16ビットの数値や命令語は、偶数アドレスに上位8ビット、奇数アドレスに下位8ビットを格納、配置される。16ビットの数値や命令語はワード単位でアクセスされ、この場合は偶数アドレス宛にアクセスする必要があり、これに違反するとアドレスエラーの例外が発生する。

命令語

68000シリーズは多機能で、充分な数のレジスターを持ちながら、プログラミング言語Cに適するような命令が多種多様に用意されているなどCISCプロセッサーらしい設計になっていた。

68000シリーズは8086シリーズのような進化はしなかったが、理由は幾説かある。マーケティングの問題説と、この多機能さが仇となりデータパスが長くなり高クロック対応が難しかった説である。

例えば加算は、add、adda、addi、addqがある。アドレスレジスター宛がadda、イミディエイトとの演算がaddi、addq、それ以外はaddを使う。addqは1から7までの加算に使う命令で、addiを使うより倍程度速い。減算も同様で、比較も同様だがcmpqはなくcmpiを使う。

ラインナップ
補足
最後

68000シリーズも、最終的には68060というスーパースケーラーなマイクロプロセッサーが登場したが、登場が遅すぎたためどこにも採用されなかった。

シャープのパーソナルワークステーションも、68000と68030のみで、68060は使われなかった。満開製作所がX68030用の68060アクセラレーターボード「060turbo」を販売したくらいである。

一般的なワークステーション分野では、RISCプロセッサーにシェアを奪われることとなった。

命名規則

最後の偶奇と言うのがポイントで、この為に68040の次に68050が出ず、いきなり68060に飛んだ。

リンク
用語の所属
マイクロプロセッサー
680×0
関連する用語
Motorola
CISC
FPU
8086
PowerPC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic