通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク
ディスク
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ディスク
外語:disk
品詞:名詞

円盤、円盤状の物。転じて、そのような形状の記憶媒体をいう。

目次
概要

電子計算機でいうディスクとは、円盤状の形状をしたデータが記録できる物をいう。

様々なものが開発され、使われ、あるいは廃れていった。

ディスクとは、その媒体が円盤であるためディスクなのだが、慣用として、媒体、装置、どちらもディスクという一語で片付けられることが多い。区別するときは、装置の方は「ディスクドライブ」、媒体の方は「ディスクメディア」という。

特徴
分類

記録方法や記録の読み出し方法などによる分類法。

記録構造

ディスクはテープと違って一直線ではないので、次のように階層構造化される。下に行くほど大きい。

リンク
用語の所属
記憶媒体
関連する用語
フォーマット
ディスクアレイ
ディスクドライブ
ディスクブレーキ
ディスクブレーキ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic