通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD
光ディスク
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ひかりディスク
外語:Optical Disc
品詞:名詞

光学的に読み取るように作られたディスク型のメモリー媒体(光メモリー)のこと。

目次
概要

現在利用される記録方式は大きく3つあり、光、磁気、そして両方を組み合わせる光磁気である。

そのうち磁気を利用しない、純粋な光メディアとしてはCDLDDVDBlu-ray Discのようなものが挙げられる。

PDDVD±RWBD-REのような相変化ディスクと呼ばれるものも、磁気を介さずレーザーだけで記録を行なっているため、光ディスクの範疇に含まれる。

特徴
記録方法

例えば、DVDを例とすると、媒体により様々な方式が採用されている。

プレスされたDVDは、CDと同様にピット(突起)の有無を読み取る純粋な光ディスクである。

DVD±Rは有機色素を用いて書き込むもので、これも反射率の差を利用した光ディスクである。

DVD±RWとDVD-RAMは相変化を用いて書き込むもので、これも反射率の差を利用した相変化ディスクである。

世代

光ディスクは、誕生時期に応じて、次のような世代に分類できる(順不同)。概ね10年ごとに世代交代している。


第一世代

1980年代に登場した最初のもの。記録再生には780mm程度の赤色半導体レーザーを用いる。

容量は12cm媒体で700Mバイト程度である。


第二世代

1990年代に登場したもの。第一世代と同様に記録再生には赤色半導体レーザーを用いるが、650nm程度に波長が縮まっている。

容量は12cm媒体で4.7Gバイト程度で、第一世代の7倍程度に向上した。


第三世代

2000年代に登場したもの。記録・再生には405nm程度の青紫色半導体レーザーを使用する。

容量は12cm媒体で25Gバイト程度で、第二世代の5倍程度にしか向上していない。


第四世代

現在は研究中の世代であり、商品化はされていない。

分類

具体的な商品や技術に、次のようなものがある(順不同)。

リンク
用語の所属
光メモリー
ディスク
OD
関連する用語
光磁気
光磁気ディスク
相変化ディスク
磁気ディスク

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic