通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 相変化ディスク(PD)
EVD
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:イーヴィーディー
外語:EVD: Enhanced Versatile Disc
品詞:名詞

支那で独自に策定された、DVDの後継を標榜する光ディスクの一つ。

目次
概要

支那では、次世代光メディアの座を、次の三つの規格で争っていた。

更に、次のような規格も規格競争に参戦したらしい。

EVDはこのうちの一つで、中〓人民共和国信息産業部(支那信息産業部、信息=情報)が支那の次世代光メディアに認定し、2004(平成16)年の新年早々に製品が登場したらしい。

「EVD」のほか、これと全く互換のない後継規格として「EVD2」が存在するが、これは中身は上のHVDであるとされる。

また更なる後継は「HD-EVD」とされ、これはBlu-ray Discの対抗となるらしい。

なお、独自規格としたのは、特許使用料の問題がある。分かりやすく言えば、DVDなどの特許料を払いたくなかったのである。

特徴
仕様は不明

仕様は定かではない。

HDTVの映像が格納できるとされるが、その詳細な仕様は不明である。

媒体

媒体そのものはDVDとほぼ(全く?)同じで、ハイビジョン映像を独自のコーデックで格納するものであるらしい。解像度は1920×1080であるとされている。

媒体容量は、登場当初は容量は8.7Gバイトだったが、後に18Gバイトのものが登場したらしい。ディスクが高密度化されたのか、多層化されたのか、その技術的な点については一切不明である。

普及

肝心のEVD用ソフトは皆無で、再生機が全く売れず、このためDVDとのマルチプレイヤーが多かったらしい。

DVD対応のEVDプレイヤーはDVDプレイヤーの倍の価格と高価だが、DVDや、支那独自の規格であるSVCD(Super Video CD)も再生できる、とされた。

尤も、それによるDVD特許料がどれだけまともに払われていたのかは定かではない。

リンク
用語の所属
光ディスク
関連する用語
Super Video CD
Video CD
DVD
CBHD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic