通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > DVD
DVD+R DL
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ディーヴィーディー-プラスアー-ディーエル
外語:DVD+R DL: DVD+R Double Layer
品詞:名詞

二層のDVD+Rのこと。

特徴

容量は、12cm径の片面二層のもので8.5Gバイトである。一層と比べ約1.8倍の容量となる。

最初に登場したドライブはソニーのATAPI接続内蔵ドライブ「DRU-700A」で、2004(平成16)年5月15日に発売された。

この時点ではメディアがまだ市販前だったが、ドライブに三菱化学製のメディアが1枚同梱されていた。

リンク
関連用語
DVD
DVD+R
対抗となる規格
DVD-R DL

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic