通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > DVD
DVD+R
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ディーヴィーディー-プラスアー
外語:DVD+R
品詞:名詞

一回だけ書き込める(ライトワンス)DVDの一つ。CD-Rと同様に、有機色素膜を使って記録するDVD。DVDフォーラムの標準規格DVD-Rの対抗規格である。

目次
概要

ソニーHewlett-Packard、デルコンピューター、トムソンマルチメディア、Philips、三菱化学、リコー、ヤマハの8社によるDVDアライアンスで策定された、DVDと互換性を持つ書き換え可能ディスク規格。

当然、DVDフォーラムはこれを正規のDVD規格と認めていないため、メディアやドライブにはDVDのロゴがついていない。

特徴

容量は12cm径の片面一層のもので4.7Gバイトである。

センターホール内径は15.0mm、厚みは1.2mm(0.6mm×2)。

グルーブ記録方式で、再生レーザー波長は記録が655nm、再生が650nmとなっている。

リンク
関連用語
DVD
DVD+R DL
関連する装置
DVD±R
DVD±RW
DVD±R/RW
DVD±R/RW/RAM
対抗となる規格
DVD+RW
DVD-R

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic