通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD
CD-RW
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:スィーディーアーダブリュー
外語:CD-RW: Compact Disc ReWritable
品詞:名詞

読み書き両用のCD(CD-ROM)のこと。

目次
概要

PhilipsHewlett-Packard、三菱化学、リコー、ソニーの5社が共同で開発した媒体で、開発当初はCD-E(CD-Erasable)と呼ばれていた。

1996(平成8)年に、ColorBook規格のオレンジブック Part IIIとして規定された。

特徴
技術

容量は650Mバイトである。

PDと同等の相変化ディスクを使用し、レーザー光の強弱により、読み・消し・書き込みが可能。1000回以上の書き込みに耐えると言われている。

特性

CD-RWはレーザー光の反射特性が通常のCDと比べて弱いため、専用に対応されているドライブ以外では、書き込む事だけでなく、読み出すことすら出来ない。

現在市場にある殆どのドライブでは対応されているため、ほぼ問題なく読むことができる。

リンク
用語の所属
CD
ISO 9660
CD-ROM
RW
関連する媒体
PD
CD-E
関連する技術
オレンジブック
UDF
BURN-Proof
Just Link
相変化

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic