通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > アプリケーション規格
CD-ROM
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:シーディーロム
外語:CD-ROM: Compact Disc ROM
品詞:名詞

CDに、電子計算機用の情報を格納したもの。

目次
概要

音楽用CDと同等のディスクに、プログラムなど電子計算機の情報を記録することができる。

容量は一枚あたり650Mバイト〜700Mバイトと比較的大きく、しかも製造に要する価格が安価であったため、爆発的に普及した。

特徴

例えば、シングルセッションで異なるトラックに音楽とプログラムデータが書かれているもの、又はマルチセッションで片方のセッションに音楽、もう片方のセッションにプログラムデータ、といった音楽との共存が想定される。

このようなCDは「Enhanced CD」と呼ばれ、通常は全て「CD-ROM」と称する。

リンク
用語の所属
CD
CD
関連する用語
ISO 9660
UDF
CD Extra
ハイブリッドCD-ROM
CD-DA
CD-PROM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic